コンテンツにスキップ

愛媛のじゃこ天!その歴史と地元で愛される理由

じゃこ天の原料と製造方法

愛媛の特産品「じゃこ天」の魅力

じゃこ天は、愛媛県南部の宇和島を代表する郷土料理です!
愛媛県は瀬戸内海に面しており、新鮮な魚介類が豊富です。瀬戸内は穏やかで、多くの川が流れ込み有機物が豊富に供給される栄養豊富な海域です。
そんな瀬戸内で育った魚は、味わいの深さと質の高さで知られていて、日本国内外で高く評価されています。
愛媛のじゃこ天の主要な材料である「しらす」(若魚)は、この地域で獲れるものを使用しているため、鮮度が保たれ、素材の味が生きています。
それでは、じゃこ天の魅力をご紹介していきます!

じゃこ天の原料と製造方法

じゃこ天の原料と製造方法

じゃこ天の基本的な製造方法は、材料をすりおろし、混ぜ合わせた生地を手で丸めたり、板状にしたりして形を整えます。
これは手作業で行われることが多く、職人の技術が求められます!
成形した生地を油で揚げて、中はふっくら外はカリッとしたじゃこ天に仕上げます。
適切な温度と時間を見極める。ここにも職人の技術が光ります☆

じゃこ天の旨みと素材のこだわり

じゃこ天の旨みと素材のこだわり

愛媛のじゃこ天の主原料であるしらすは、その鮮度が旨みに大きく影響します。
新鮮なしらすは海の味が濃厚であり、これがじゃこ天の深い味わいの基盤となります。地元宇和島で獲れたばかりのしらすを使用することで、じゃこ天の風味が格段に向上します。
また、各メーカーによって、じゃこの配分や調味料・具材などにこだわっており、それぞれ素材の味を十分引き出している豊かな風味や食感が味わえます。
これらのこだわりが組み合わさることで、じゃこ天はそのメーカーごとに異なる特色と美味しさを持つようになります。
それぞれのメーカーが誇る旨みと、素材へのこだわりをぜひ、ご堪能ください♪

じゃこ天の日持ちは?美味しくいただく保存方法

じゃこ天は揚げたての美味しさが魅力ですが、お取り寄せや通販で購入し保存する際にはいくつかのポイントがあります。
適切に保存することで、日持ちを少し延ばすことが可能です♪

・・冷蔵保存・・
冷蔵庫で保存する場合は、3日から4日程度保存することが可能です。
保存する際には、密閉容器やジップロックバッグに入れ、空気をできるだけ抜いてから冷蔵庫に入れることが望ましいです。

・・冷凍保存・・
じゃこ天は冷凍することで、1ヶ月以上保存することができます。
冷凍する際には、一度に食べる量ごとに分けてラップで包み、さらに密閉できる袋に入れると便利です。
しかし、解凍後は水分が出て劣化しやすいのですぐに食べきるのがポイントです。

じゃこ天の美味しい温め方

じゃこ天の美味しい温め方

じゃこ天のおいしい食べ方ですが、火でかるくあぶって外側をパリパリにしてお召し上がりください。
付け合わせに大根おろしを添えるのもおすすめです!
また、生姜醤油やマヨネーズなどいろいろな調味料も魚の旨味を引き立たせます。
おつまみにはもちろん、煮物やうどん・お蕎麦やおでんなどの具材としてもお使いいただけます。

じゃこ天をより美味しく食べるコツ

じゃこ天のおいしい食べ方ですが、火でかるくあぶって外側をパリパリにしてお召し上がりください。
付け合わせに大根おろしを添えるのもおすすめです!
また、生姜醤油やマヨネーズなどいろいろな調味料も魚の旨味を引き立たせます。
おつまみにはもちろん、煮物やうどん・お蕎麦やおでんなどの具材としてもお使いいただけます。